家族の遊び・イベント|リアル宝探しタカラッシュ!リアル宝探しとは?イベントを探す特集&キャンペーンみんなのクチコミマイページ
宝の地図
宝の地図を手に入れよう!

宝の地図

宝の地図

これが今回の宝の地図。 一問ずつ解説していきます。


『謎一』の解き方

■謎一の文章は以下のことを表しています

『二つの長烏帽子』
三角公園の加藤清正像と、熊本市役所にある長烏帽子のオブジェ。

『まばゆきもの』
熊本市役所にある長烏帽子のオブジェの横にある照明。



■謎一のイラストは以下のことを表しています

『A』
市電の線路を、時代背景に合わせて駕籠(かご) で表している。

『B』
三角公園の加藤清正像。

『C』
熊本市役所にある長烏帽子のオブジェ。

『D』
C の後ろにある石のイス○、△、◇などの模様がある。

『×印』
ヒント札の設置場所。

宝の地図

宝の地図

宝の地図

◎ヒントの札の設置場所
「熊本市役所周辺  建物左手、長烏帽子のオブジェ横にある照明 」


◎清正の言葉一

【櫓】

『謎二』の解き方

■謎二の文章は以下のことを表しています

『三つの顔持つ火除け神』
三面地蔵。

『だんだんなる山』
段山。

『まこと小さき祠』
城を模して作られている社。

『城を思わせる祠の裏手』
石垣を模している社の裏側。



■謎二のイラストは以下のことを表しています

『A』
三面地蔵。

『B』
藤崎台の楠群。

『C』
三面地蔵の社。

『×印』
ヒント札の設置場所。

宝の地図

宝の地図

宝の地図

◎ヒントの札の設置場所
「三面地蔵周辺  社裏側の杭か植栽」


◎清正の言葉二

【五階】

『謎三』の解き方

■謎三の文章は以下のことを表しています

『金剛の守護神』
仁王像。別名:金剛力士像に由来。

『八幡山』
山門上部の額に「八幡山」と書かれている。



■謎三のイラストは以下のことを表しています

『A』
山門上部の額に「八幡山」と書かれていることに由来。

『B』
正福寺山門。

『C』
仁王像の阿形を漢字で表している。
阿形は口を開いている。
つまり、「開」という漢字を門構えとその中身の2つに分解している。

『D』
仁王像の吽形を漢字で表している。
吽形は口を閉じている。
つまり、「閉」という漢字を門構えとその中身の2つに分解している。

『×印』
ヒント札の設置場所。

宝の地図

宝の地図

宝の地図

◎ヒントの札の設置場所
「正福寺山門の仁王像周辺 山門の柱の下」


◎清正の言葉三

【南の木】


● 宝箱の隠し場所 ●

■取得した3つのヒント

①清正公の言葉一:「櫓」
②清正公の言葉二:「五階」
③清正公の言葉三:「南の木」




■発見までのプロセス

清正公の言葉一~三を軍資金之書の空欄に当てはめると、以下のようになります。

---------------------------
「櫓」ゆかりの童歌

「五階」登って見渡せば

御年八百 「南の木」
---------------------------


≪解説≫

『櫓』
宝箱の設置場所が櫓の近くであることを示唆している。

『五階』
宝箱が五階建ての櫓の近くにあることを示唆している。

『御年八百南の木』
飯田丸五階櫓横の楠周囲に宝箱が設置されていることを示唆している。
宇土櫓も五階建てだが、樹齢800年の楠は近くにない。


上記より、『飯田丸五階櫓近くにある樹齢800年の楠周辺』に、宝箱が隠されていることが分かる。

宝の地図

宝の地図

◎宝箱の設置場所
「熊本城内/飯田丸五階櫓周辺 櫓横にあるクスノキ後ろの竹柵」


◎発見のキーワード

【熊本城を愛し続けよ!】


宝の地図
アクセス