家族の遊び・イベント|リアル宝探しタカラッシュ!リアル宝探しとは?イベントを探す特集&キャンペーンみんなのクチコミマイページ

怪傑!みろく探偵団 コース一覧

予告状001:未来型掃除機「AVC」【難易度:★】

昭和30年代は、人々の生活様式が一変した時代でもある。
新時代の生活必需品として“白黒テレビ” “洗濯機” “冷蔵庫”という「三種の神器」が登場したのがその象徴だった。

しかし、これらの家電製品に加えて“もう1つ夢の家電”が開発されていたことはご存知だろうか?それは、未来型掃除機「AVC」である。
残念ながら、開発中に責任者が謎の失踪を遂げ、商品化には至らなかったが、未来を象徴するアイテムであるため家電業界内での注目は高かった。
しかし、この時代にこのような設計を思いついた人物が果たして本当に存在していたのだろうか?そしてなぜ、失踪したのであろうか?

私はこの人物を見つけ出し、当時の設計図を奪おうと考えている。
そこで、キミ達にチャンスを与えよう。
もしも私の出題する謎を解読することができれば、この“開発者の名前”が判明し、先に保護することができるだろう。そして私の犯行を阻止することが出来るかもしれないな。

さぁ、お手並み拝見といきましょう。
予告状002:自動翻訳電話クリエイトフォン【難易度:★★】

現代の世の中に欠かせないアイテムの1つ携帯電話
この携帯電話は昭和30年代から既に構想されていたことはご存知かな?
両手で持ちながら会話できるまで小さくすることは可能だったが、重量が大きな問題点となっていた。
一方でこの時、実は携帯電話の開発とは別に全く異なる利便性を追求した電話の開発が進められていたのである。

それが「自動翻訳電話クリエイトフォン」だ。いわゆる高度成長期の真っ只中にいた日本の急成長に世界中が注目し、国際化が進んでいく中、政治やビジネスのシーンで行われていた各国とやりとりが、やがて一般家庭にも普及することを見込み、開発が進められた。

そして、完成された「クリエイトフォン」は、何と「みろくの里」内に隠されていることも判明した。
さて、私が盗み出す前に「クリエイトフォン」を見つけられることができるかな?

さぁ、お手並み拝見といきましょう。
goto_top_off.png